メディカルダイエットまるわかりガイド【大阪編】 » メディカルダイエットまるわかりコラム » クリニックで行われている検査の種類

クリニックで行われている検査の種類

メディカルダイエットの効果をより高める指標として、治療前には血液検査や遺伝子検査がよく用いられます。なぜ、メディカルダイエットにおいてこれらの検査が必要になるのでしょうか。また、最新の研究では、肥満遺伝子がダイエット成功のキーポイントであるとも言われていますが、肥満遺伝子とはどのような働きをもつ遺伝子なのでしょうか。メディカルダイエットで行われる代表的な検査の意味と役割について掘り下げて解説します。

肥満遺伝子検査とは

結論を先に言うと、肥満が両親から遺伝する確率はそれほど高くはないことがここ数年の研究で明らかになっています。ただし、肥満そのものは子どもに受け継がれないものの、肥満になりやすい体質が遺伝することは充分に考えられ、この時に受け継がれるのが肥満遺伝子だと言われています。このことから、肥満になりやすい体質に関しては遺伝確率を無視できないと言えます。しかし、仮に両親から肥満遺伝子を受け継いで生まれてきたとしても、必ずしも将来的に肥満になるわけではなく、ライフスタイルをほんの少し見直すだけで適正体重を維持することができます。これらを調べるために行うのが肥満遺伝子検査なのです。主に頬の内側の細胞を取ることで調べられるため、血液検査より楽に受けることができます。メディカルダイエットでは肥満遺伝子の有無が入念に調べられ、結果に応じてダイエットメニューにも変更が加えられていきます。仮に肥満遺伝子が見つかったとしても専門医の指示をきちんと守っていれば痩せやすい体質を維持することが可能なのです。

血液検査を行うことで分かること

メディカルダイエットの治療前に血液検査が行われるのは、本人の体質を把握するとともに、重篤な内臓疾患などを調べる目的があります。内臓疾患にかかると、その病気に特有の酵素の数値が急激に上昇することがあります。膵臓の場合も例外ではなく、リパーゼという酵素の数値によって機能異常が発見されるケースがあります。リパーゼは膵臓から分泌される消化酵素のひとつで、膵炎などにかかるとリパーゼの血中濃度が急激に上昇します。そのため、機能異常が疑われる場合にはすみやかに血液検査を行い、リパーゼの数値を測定するのが一般的な流れとなっています。数値の上がり方にも疾患によって特色があり、短期間のうちに急激に濃度が上昇する場合には急性膵炎が、上昇したあとに高い濃度のまま持続する場合は慢性膵炎が強く疑われます。

カウンセリングによって分かること

本格的なメディカルダイエットは、カウンセリングの段階から始まっています。実績のあるクリニックほど初診のカウンセリングに充分な時間をかけ、患者さんの体質を的確に把握することに全力を注いでいます。メディカルダイエットの本質はむしろ、事前のカウンセリングにあるといっても過言ではありません。カウンセリングでは事前に行った血液検査などの結果を照らし合わせつつ、問診のようなかたちで患者さん自身のライフスタイルとダイエット自身の心構えを聞いていきます。患者さんのほうも聞かれたことにただ答えていれば良いというわけではなく、「どうして痩せたいのか、なぜ痩せられずに困っているのか」ということをできる限りはっきりと言葉にして伝える必要があります。そのためには日頃から自分の体質について理解を深めておくことが大切で、一部のダイエット外来ではレコーディングダイエットがすすめられることもあります。

まとめ

メディカルダイエットでは事前の検査結果が重視されます。特に血液検査と遺伝子検査は大きなポイントであり、肥満遺伝子の有無によってダイエットメニューが変わってくるほど重要な意味をもっています。カウンセリングも体質やライフスタイルを伝えるうえでは欠かせないプロセスであり、医師のほうが詳細に聞き出すのではなく、患者さんのほうから気になることを言葉にしてはっきりと伝えられることが重視されているようです。カウンセリングの段階で主治医との信頼関係を築いておくことにより、その後の治療にもプラスの影響が期待できます。

大阪でメディカルダイエットを受けるならこのクリニック>>

受けたい痩身法が決まってないなら… 施術ごとに厳選!施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション 受けたい痩身法が決まっているなら… 施術ごとに厳選!料金が安い大阪の美容クリニックセレクション

施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション

メディカルダイエットが
受けられる人気のクリニックは
ここ!【大阪編】
おすすめはこれ!
効果が期待できる医療痩身
実際どうなの?
メディカルダイエットの
効果とは
メディカルダイエット
まるわかりコラム