メディカルダイエットまるわかりガイド【大阪編】 » メディカルダイエットまるわかりコラム » ダウンタイムの期間

ダウンタイムの期間

どのようなメディカルダイエットにおいても、一定程度のダウンタイムは必ず起こります。ダウンタイムとはメディカルダイエットの施術後に体が変化に適応するまでの期間で、どのくらいの期間で日常生活に戻れるようになるかは患者さんの体質や施術内容によって大きく異なります。このページでは、脂肪吸引、痩身マッサージ、投薬療法と3つの施術法に分けてそれぞれに起こり得るダウンタイムのパターンと対処法について解説しています。

脂肪吸引でかかるダウンタイムの期間

脂肪吸引では体に直接負荷をかけるためダウンタイムが起きやすく、期間も長くなりやすいと言われています。脂肪吸引には施術を行う部位によってさまざまなパターンがあり、ダウンタイムの程度や期間もパーツによって異なります。一般にどのパーツでも2週間以上のダウンタイムを想定していたほうが良いとされており、特に施術後数日間は痛みや腫れが強く出やすいのでこまめな経過観察が必要です。ダウンタイムのおもなパターンとしては痛みや腫れのほかに異音や発熱があり、事前に説明されていた以上の症状が表れた場合にはただちに主治医に報告し、然るべき対処を行いましょう。メディカルダイエットにはダウンタイムがつきものだからと症状を放置していると治りが遅くなるばかりかダイエット効果そのものもなくなってしまう可能性があり、注意が必要です。より安全なアプローチとしてはメスを使わない脂肪吸引があります。

瘦身マシンでかかるダウンタイムの期間

従来の脂肪吸引法と比較して、施術後のトラブルが少ないメディカルダイエットとして注目されているのが「脂肪冷却痩身」であり、全国の美容クリニックで実施されています。脂肪冷却痩身とは水と脂肪の凝固点の差を利用したメディカルダイエットで、痩せたい部位の脂肪細胞を局所的に冷却することにより脂肪を除去しやすくし、結果的にスリムな体に近づけるというのがその主なねらいです。脂肪冷却痩身の最大の特徴はダウンタイムの期間がかぎりなく短いということです。すなわち施術の痛みもきわめて少ないということですから、手術を受けた後にしつこい痛みや腫れで苦しむこともほとんどありません。その効果は世界的にも実証されており、日本国内でも今後標準的なメディカルダイエットとして定着することが予想されています。施術の安全性はすでに保証されていますが、万が一予期せぬトラブルが発生した場合にはすみやかにその後の治療を中止し、症状の改善につとめましょう。

注射や薬の服用でかかるダウンタイムの期間

いくつか開発されているメディカルダイエットのアプローチのなかでも、体に直接メスを入れない「脂肪溶解療法」、いわゆるダイエット注射は術後のトラブルが比較的少ない安全なアプローチとして高い評価を受けています。ダイエット注射はその名の通り特殊な薬剤を皮下注射することで脂肪を段階的に溶かしていき、最終的に痩せやすい体質に導くというもので、お年寄りにも安全なダイエット法としてここ数年注目されています。ただし、いかに安全なアプローチとはいえ、体内に少なからず薬剤を注入するわけですから副作用のリスクをゼロにすることはできず、予期せぬトラブルが確認された場合にはその時点で施術を中止し、体質に合ったほかのアプローチを模索することになります。ダウンタイムは比較的短いですが、少しでも腫れや痛み、湿疹など皮膚トラブルがあった場合はきちんと主治医に報告し、決して軽視しないようにしましょう。

まとめ

自然に痩せるのでないかぎり、どのような医学的ダイエットにも一定のトラブルのリスクがつきまといます。ほとんどの場合、腫れや痛みは施術から数週間の期間で治まりますが、ごくまれに症状が極端に長引いたり、短期間のうちに急激な副作用が表れたりする場合があります。術後の過ごし方については事前カウンセリングの段階で主治医から充分な説明がありますが、副作用が極端に強く日常生活にも支障が出る場合は無理してひとつのメソッドをつづけるのではなく、体質に合ったアプローチに切り替える柔軟さをもちましょう。

大阪でメディカルダイエットを受けるならこのクリニック>>

受けたい痩身法が決まってないなら… 施術ごとに厳選!施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション 受けたい痩身法が決まっているなら… 施術ごとに厳選!料金が安い大阪の美容クリニックセレクション

施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション

メディカルダイエットが
受けられる人気のクリニックは
ここ!【大阪編】
おすすめはこれ!
効果が期待できる医療痩身
実際どうなの?
メディカルダイエットの
効果とは
メディカルダイエット
まるわかりコラム