メディカルダイエットまるわかりガイド【大阪編】 » メディカルダイエットまるわかりコラム » 子どもでも対応可能?

子どもでも対応可能?

肥満になるのは大人だけではありません。子ども特有の肥満も確認されており、メディカルダイエットにおいても治療対象になります。なかには遺伝性のものもあり、極端なケースでは子どものQOLを著しく低下させかねません。子どもの肥満について正確な知識を身につけ、体重を適切にコントロールしていきましょう。小児メディカルダイエットと成人との違いとともに、小児メディカルダイエットならではの注意点についてまとめました。

子どもの場合は小児専門のクリニックで診てもらおう

子どもはもともとエネルギーの代謝効率が良く、遺伝的要素がないかぎり肥満にはなりにくいとされていました。しかし最近の子どもは学校と学習塾の往復で運動不足になることが多く、両親も気づかないうちに太りやすい体質になってしまうことも少なくありません。できるだけ運動の機会を増やすなど、日頃の生活習慣を少し見直すことでほとんどの肥満体質は改善します。小児メディカルダイエットでは体の負担を考慮して運動療法が選択されることが多く、成人に使われるような強い作用の食欲抑制剤などは基本的に使えません。投薬療法が採用されるとしても作用を最小限にとどめた薬が選ばれますが、中には思わぬ副作用を生じるものも少なくないため、早く痩せさせたいからと強引に服用させるのは絶対にやめましょう。

小児専門クリニックの主な治療内容とは

子どもの肥満が発見されるパターンで一般的なのは、学校の健康診断です。健康診断で糖尿病が見つかるケースも最近では増えてきており、両親があわててメディカルダイエットに連れてくるケースがほとんどのようです。ダイエット外来ではまず、子どもの生活習慣や家族関係を聞くことから始めます。その後、血液検査や糖尿病の検査などを行い、症状に応じて治療方針を決めていきます。治療内容に関しては主に生活習慣の改善をメインに行い、食事バランスの向上や運動によってダイエットを行っていきます。薬での治療も可能ですが、こちらは糖尿病を発症した場合に限られます。子どもの体ではどうしても薬による副作用が危惧されるため、基本的には自己での努力によって改善していくクリニックがほとんどです。

子どもの場合、費用はどれくらいかかる?

費用に関してですが、クリニックや子どもの肥満状態により異なるので、一概にどれくらいかかるかは診察した際に医師に聞いた方が先決です。子どもの場合、肥満そのもので治療が必要になることはほとんどありませんが、よほどの肥満である場合はクリニックに通うことが先決です。ただ、費用がわからないうちに治療を行ってしまうと、思ったよりも高くついてしまう可能性があります。そのため、まずクリニックを選ぶにあたっては、子供の体質とペースに合わせて治療を進めてくれるかつ、費用に関してもしっかり説明してくれるところを選ぶのが第一条件です。デリケートな子供ではメディカルダイエットのストレスによって発熱が起こるケースもあり、クリニックでは子供の心理的ケアに力を入れているところも多いようです。どれくらいの費用がかかるか把握できたうえで治療に挑むことで、より良い治療が望めるのではないでしょうか。

まとめ

小児メディカルダイエットにおいて何よりも重要なのは、子供の健康状態をつねに把握することです。子供は大人よりも外部からの刺激に敏感で、治療のストレスによっても過食に走ってしまう場合があります。小児メディカルダイエットでは基本的に両親が付き添うことになりますが、思うように痩せられないからといって過剰なプレッシャーをかけることなく、あくまでも我が子の体質とペースに合わせて時間をかけて体質を改善していく、という心構えでゆとりをもって臨みましょう。

大阪でメディカルダイエットを受けるならこのクリニック>>

受けたい痩身法が決まってないなら… 施術ごとに厳選!施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション 受けたい痩身法が決まっているなら… 施術ごとに厳選!料金が安い大阪の美容クリニックセレクション

施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション

メディカルダイエットが
受けられる人気のクリニックは
ここ!【大阪編】
おすすめはこれ!
効果が期待できる医療痩身
実際どうなの?
メディカルダイエットの
効果とは
メディカルダイエット
まるわかりコラム