メディカルダイエットまるわかりガイド【大阪編】 » メディカルダイエットまるわかりコラム » 食べてはいけないものとは

食べてはいけないものとは

メディカルダイエットのプロセスではときにきびしい食事制限の指示が出されることがあります。気軽に痩せたい患者さんにとっては相当なストレスになるようです。しかしながら、食事制限をむやみに破ってしまうとまた太りやすい体質に逆戻りしてしまい、何のためにメディカルダイエットを続けているのかわからなくなってしまいます。 食べてはいけないものとされる食品の共通点を把握することで、メディカルダイエットそのものの特性を把握することにもつながり、食事療法にも一定の意味を見出せるようになります。

揚げ物、インスタント食品

メディカルダイエットのみならず、あらゆるダイエット法において大敵とされるのが揚げ物やインスタント食品です。これらの食品は総じてカロリーが高く、そのうえ食後の血糖値を急激に上昇させるため満腹感が起きにくく、時間を置かずに大量摂取するという悪循環を招いてしまいます。メディカルダイエットでは食べてはいけないものを丸暗記するよりも、なぜ食べてはいけないのかを理詰め理解することがより大切だと言われています。そのことがメディカルダイエットの本質を理解することにつながり、自己管理をつづけるうえで非常に有効になるのです。揚げ物やインスタント食品でもメソッドや先生の判断によっては摂取可能となる場合もありますので、担当医や管理栄養士のアドバイスを参考にしましょう。もっともさけるべきはストレスをため込むことで、心理的に限界になる前に一度主治医に相談し、無理なくつづけられるメニューを構築していきましょう。

菓子類、ドライフルーツ

意外に思われるかもしれませんが、ダイエットにおいてドライフルーツはタブーとされる食品のひとつです。フルーツは栄養価が高い反面糖質の割合も高く、もともと太りやすい人が過剰に摂取するとさらに太りやすい体質になってしまいます。メディカルダイエットにかぎらず、食事制限が必要になるケースはたくさんあります。摂取を制限される食品のなかには、作り方を少し変えるだけで少量であれば食べてもいいとされるものもあります。その場合も決して自己流で判断せず、まずは主治医に相談するようにしましょう。また、糖尿病の治療中で極端な糖質制限をしてしまうと低血糖状態や昏睡状態に陥る可能性があり、大変危険です。該当の疾患をもっている方は、治療に入る前に主治医にその旨を伝え、低血糖などのリスクを安全にコントロールできるようにしましょう。

甘いカフェオレやラテにも気をつけよう

飲物に気を配ることは、メディカルダイエットでも非常に重要ですが、反対に飲んではいけない飲み物は存在するのでしょうか。いくつかある中でも、特に女性が好みやすいのが甘いカフェオレ、ラテです。ブラックコーヒーと比較すると一目瞭然ですが、砂糖や人口甘味料がたっぷり配合されているのでせっかくのダイエット効果が低くなってしまうケースもあるのです。ストレスが溜まっており、時折1~2杯飲む程度であればさほど心配することはありませんが、習慣的にカフェへ行く方や、コンビニエンスストアで購入してしまう方は注意が必要です。食べてはいけないというよりは、飲んではいけないものに当てはまりますが、日ごろから少し気をつけるだけでメディカルダイエットの効果がグンとアップする可能性があります。せっかく痩せようともっているのだから、少しでも阻害になる要因は排除していきたいものです。

まとめ

メディカルダイエットの治療で特に摂取量をきびしく制限されるのは脂質や糖質を多く含む食品です。反対におすすめなのは根菜類や緑黄色野菜で、とりわけ緑黄色野菜は低カロリーなうえに栄養価が高いためどのダイエットでも積極的に摂取することが推奨されます。食べてはいけない食品をむやみに暗記するのではなく、摂取制限の根本的な理由を論理的に理解することで、メディカルダイエットのメカニズムを把握することにもつながります。

大阪でメディカルダイエットを受けるならこのクリニック>>

受けたい痩身法が決まってないなら… 施術ごとに厳選!施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション 受けたい痩身法が決まっているなら… 施術ごとに厳選!料金が安い大阪の美容クリニックセレクション

施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション

メディカルダイエットが
受けられる人気のクリニックは
ここ!【大阪編】
おすすめはこれ!
効果が期待できる医療痩身
実際どうなの?
メディカルダイエットの
効果とは
メディカルダイエット
まるわかりコラム