メディカルダイエットまるわかりガイド【大阪編】 » メディカルダイエットまるわかりコラム » メディカルダイエットを行うべき体型かどうかをチェックする方法

メディカルダイエットを行うべき体型かどうかをチェックする方法

自分の体型は肥満型なのか標準型なのか、客観的に見ることは難しいかもしれません。しかし、自分がどんなダイエットをすればいいのか、メディカルダイエットをする必要がある体型なのか、自分を正しく知ることが、正しいダイエットの第一歩となります。しかし、特に太ってはいないのに「自分は太っている」と勘違いしている人が若い女性に多くいます。ダイエットの必要がない人が無理なダイエットを続けることは危険行為です。そこで、自分の体型を調べる方法、体脂肪との関連性などについてご紹介していきます。

まずは、肥満体型かどうか調べよう

まずは自分の体型が本当に肥満型なのか、数値にして簡単に調べる方法を紹介します。まず、BMIという単語を聞いたことはあるでしょうか。「BODY MASS INDEX」の略で、身長と体重から数値を算出し、その数値を肥満判定数値として判断する方法で、日本だけではなく国際的に判定できる数値です。

計算式は「体重(kg)÷(身長m×身長m)」になります。例えば身長160cmで体重が50kgの女性がいるとします。その場合、「50kg÷(1.6m×1.6m)」の計算で、「19.5」という数値結果が出ます。この19.5という数字がBMI数値です。BMI数値18.5未満が痩せ型とされ、18.5から25未満が標準型、25から30未満が肥満型、30以上が高度肥満型と設定されています。先程の女性はBMI数値が19.5でしたので標準体型に分類されます。しかも痩せ型に近い標準体型です。例え50kgから60kgに増えたとしてもBMI数値は23.4なので、まだ標準の範囲内です。

このように、日本人の女性は、もとから痩せている方が多いにもかかわらず、モデルなどに憧れて更に痩せようとする傾向があります。メディカルダイエットに飛びつく前に、まずは自分のBMI数値を算出し、自分の体型を正しく把握しましょう。次は体脂肪について調べてみましょう。

体脂肪率にも気をつけよう

ダイエット前に把握しておく数値として、BMI値に加えもうひとつ重要なのが体脂肪率です。いくらBMI値が標準でも体脂肪が多ければダイエットの必要があります。しかしながら体脂肪率はBMIのように簡単に算出することはできません。計算式は一応ありますが、「体脂肪(kg)÷体重(kg)」となっており、まず体内における体脂肪分が何kgなのかを正確に把握する必要があります。

しかし、様々な組織から成り立っている人体から脂肪分だけを計ることは不可能なため、体脂肪率を算出するには専用の測定器に頼るしか今のところ手はありません。様々な測定器があるようですが、だいたいが体重計のような形をしており、肌が触れる部分から軽い電流を流して、電流の流れ具合で体脂肪率を測定するのが一般的です。見た目は標準体型であっても、筋肉が極端に少なく脂肪が多すぎるというケースもありますので体脂肪率を正しく知ることも大切です。

脂肪は年齢や性別によって必要な量が変わってきます。成人男性は11%から21%くらい、成人女性は21%から34%くらいまでが標準値とされています。女性よりも男性の方が脂肪は少なく、男性は30%以上、女性は40%以上から肥満と見なされます。隠れ肥満と言われる人の多くが内臓脂肪に原因があります。自分の体脂肪率にも十分気を配りましょう。

メディカルダイエットは無理に行う必要はない

最近の若い女性の方々は「痩せていれば美しい」と考える傾向が強くなっているようです。また、標準体重より少し低めに設定した「美容体重」という数値も登場し、ダイエットの新たな指標として注目を集めています。健康的に可も不可もなく生活できる体重が標準体重だとすれば、自分の見た目を最大限に美しく見せてくれるのが美容体重だと言えます。美容体重の計算式は「身長(m)×身長(m)×20」で、この計算式をもとに目標体重を設定し、適度な運動と食生活改善をするだけでもかなりの効果が得られると思われます。

ただ、美容体重以下にしてしまうと痩せすぎになります。ダイエットの基本は健康を考えながら行うことが大切です。メディカルダイエットは、高度肥満型、もしくは肥満型の場合や、体脂肪率が極端に高く健康面に危害を及ぼしそうなレベルの方が検討すべきダイエット法です。まだ若い方であれば新陳代謝も高いので、十分に自力でダイエットすることは可能です。最初からメディカルダイエットに頼ろうとはせずに、まずは自分のできる範囲で頑張ってみることをおすすめします。

まとめ

ダイエットをするしないに関わらず、自分のBMI値と体脂肪率、体重を把握しておくことは健康をキープする上でもとても重要なことです。肥満の原因には様々なことが挙げられます。運動不足、食べ過ぎや偏った食生活、ストレスや自律神経の乱れなどを放っておくと、肥満だけではなく、高脂血症や高血圧、内臓脂肪増加による内臓への負担、内臓機能の低下などが起こります。それこそメディカルダイエットが必要な状態になってしまうのです。健康管理の一環としても、体内数値を把握しておきましょう。

大阪でメディカルダイエットを受けるならこのクリニック>>

受けたい痩身法が決まってないなら… 施術ごとに厳選!施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション 受けたい痩身法が決まっているなら… 施術ごとに厳選!料金が安い大阪の美容クリニックセレクション

施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション

メディカルダイエットが
受けられる人気のクリニックは
ここ!【大阪編】
おすすめはこれ!
効果が期待できる医療痩身
実際どうなの?
メディカルダイエットの
効果とは
メディカルダイエット
まるわかりコラム