メディカルダイエットまるわかりガイド【大阪編】 » メディカルダイエットまるわかりコラム » メディカルダイエットで行われる運動療法とは

メディカルダイエットで行われる運動療法とは

メディカルダイエットにおいて大きな柱となっている運動療法は、あらゆる健康法で重要な概念となっています。投薬と同時に適度な運動によって体質を内側から変えることができれば、脂肪が自然に燃えやすいシステムになっているということであり、運動療法の効果をさらに高めることにつながります。また、家庭で手軽にできる運動療法にはどのようなメソッドがあるのでしょうか。運動療法の基礎から考えるとともに、挫折のリスクをかぎりなくゼロに近づける心理テクニックについてもまとめました。

運動療法によって得られる効果

運動療法における一番の効果は「脂肪を燃えやすい体」にすることが挙げられます。脂肪が燃えやすくなると体内の動きが活発になり、ブドウ糖を消費しやすい環境を作ることができます。それにより、血糖値を下げることにつながり、結果的に糖が溜まらず痩せやすい体質になる、というわけです。また、運動によって筋力がつき、血流も増やすことが可能です。さらに、運動をすることが楽しいと思えば、ストレス解消にもつながるでしょう。このように運動には様々なメリットがあり、糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病を予防する効果が期待できます。そのため、メディカルダイエットでも積極的に運動療法が取り入れられているのです。

日常生活でできる運動療法とは

日常生活でできる運動療法としてまず取り上げられるのがウォーキングとストレッチです。これらは特に必要な道具もなく、時間があればすぐに行うことができるため、メディカルダイエットを行うのであればぜひ取り入れてみましょう。ウォーキングであれば、例えばいつもより速いスピードで歩いてみる、一駅分多く歩いてみる、エレベーターではなく階段を使ってみるなど、ちょっとした工夫をしてみましょう。ストレッチであれば屈伸や柔軟、ラジオ体操などが有効です。義務的に行うのではなく、家や職場などで空き時間があれば行う、という形で取り入れれば日々の習慣として身に付くことができます。このように、運動は毎日積極的に行う必要はなく日々の生活で取り入れるようにすれば、自然と体を鍛えることが可能になります。

一般的な運動療法の種類と特徴

運動療法の種類としては前述で紹介したウォーキングやストレッチが当てはまる「有酸素運動」と短距離走や筋トレのような瞬発力が必要な「無酸素運動」に分けられます。メディカルダイエットで推奨される運動としては前者が当てはまり、体脂肪を燃やす効果があるため、糖尿病の治療方法としてもよく取り入れられています。一方、無酸素運動は筋力を上げることが目的であり、短時間で行うのが一般的なため、運動にあまり慣れていない方には推奨されていません。有酸素運動において大事なポイントは、「少し負荷をかけた状態で20分程度時間をかけて行う」ことです。運動は始めてからすぐに効果が出るわけではなく、15分経ってから脂肪が燃え始めるとされています。そのため、疲れたからとすぐにやめてしまうと脂肪を燃やすことができません。いきなりきつい運動を選んでしまうと挫折しやすいため、まずは少し早めのスピードで20分歩き続ける、といった軽いものから始めてみることをおすすめします。

まとめ

メディカルダイエットと運動療法は切っても切れない関係にあります。特に、副作用の関係で投薬療法が行えない患者さんの場合、運動によっていかにして痩せやすい体質に導けるか、ということが何よりも重要になってきます。運動はダイエット効果はもちろん、生活習慣病を予防する効果も期待できます。慣れていない方にとっては少しきついと感じるかもしれませんが、メディカルダイエットの効果をより高めるためにも積極的に行い、続けるようにしましょう。

大阪でメディカルダイエットを受けるならこのクリニック>>

受けたい痩身法が決まってないなら… 施術ごとに厳選!施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション 受けたい痩身法が決まっているなら… 施術ごとに厳選!料金が安い大阪の美容クリニックセレクション

施術の種類が多い大阪の美容クリニックセレクション

メディカルダイエットが
受けられる人気のクリニックは
ここ!【大阪編】
おすすめはこれ!
効果が期待できる医療痩身
実際どうなの?
メディカルダイエットの
効果とは
メディカルダイエット
まるわかりコラム